« 頭痛 | トップページ | 小タコ・中タコ »

2009年4月18日 (土)

デイビー ジョーンズ似の烏賊

7時半頃、焼津のポイント近くの駐車場に到着。
てくてくと歩いてポイントに向かう途中、既にこちらに向かって帰って行く釣り人とすれ違った。
今日もダメなのか・・・と思いながらポイントに近付くにつれ状況が把握できた。
"強風"です。
"こりゃ~ ダメだ"と感じながらも未だシャクってるエギンガーがいたので、取り敢えずオイラもシャクッてみる事にした。
風下へ投げるとエギは飛ぶけど、ラインが膨らみエギが沈みにくい。
風上に投げるとエギが全然飛んでくれない。
シンカー付けてみるが・・・。
"こりゃ~、ダメだわ!"と既に諦めモード。
そしたら案の定、周りのエギンガーもどんどん帰り始めるし、オイラ完全に撤収モード。
10投足らずで撤収です。
そんな中でも、数人のエギンガーはしかっりアオリを釣ってたようでした。
レジ袋を手にぶらさげているエギンガーを数人見かけましたので。
何と言うか、焼津ではず~っと見放されているような気がします。
焼津から撤収、オイラのホームG【?】に向かう事にしたます。
驚いた事に焼津では強風だったのに、ホームGに着いてみるとほぼ無風状態。
しかし、焼津とは違いエギンガーはオイラだけで、他には誰もいませんでした。
全く1人もいないと言うのも・・・。
早速苦手なテトラの上に乗ってエギをキャスト。
しかし、どうも怖くて足元が落ち着かないです。
反応もないし、なかなかモヂベーションが上がらないです。
そのうちに風も出てきて状況は悪化の一途。
根掛りも数回発生・・・何度か無事に回収するも、とうとうラインブレイクしてしまい、遂にエギ【エギ王JP】をロスト。
そんでもって、テトラの上でラインシステム【FGノット】復帰作業。
これがなかなか上手く行かず30分近く時間を費やしてしまった。
更にリーダーを巻き付けてあるケースごと海へポチャン。
リーダーは回収できたもののケースは海の藻屑に。
気力も限界になりつつある状態で、キャストしたエギを放置したままボ~ッとしていると、"パツン"とアタリが手元に伝わってきた。
"アオリか?"と思ったけど、引きがない。
コウイカか? しかし、浮いてくるまでは分らないぞと思いながら、リールのハンドルを廻しているがなかなか浮いてこない。
やっと浮いてきたと思ったら、やはりコウイカだった。
0904183 このコウイカ、見た目がオイラにはどうしてもクラーケン、デイビー ジョーンズに似てる様に見えてしまう。
コウイカも悪くはないんだけど、早くアオリを釣りたいな。
その後、2個目のエギをロストしてしまい、ホームGから撤収です。

ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : サンライン キャストアウェイ 0.8号 12lb
リーダー : SEAGUAR Grandmax 3号

09年釣果
タコ * 2. 太刀 * 25. コウイカ * 3.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ


« 頭痛 | トップページ | 小タコ・中タコ »

烏賊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頭痛 | トップページ | 小タコ・中タコ »