« EGIM○X | トップページ | ロスト1 »

2008年4月29日 (火)

午後から焼津へ

今朝は徹夜の疲れが祟って起床したのが6時過ぎ。
今日は車の1年点検があり、時間もあまりないので、午前中は外出を控える事にして午後から焼津に向かう事にした。
焼津には午後2時頃からサーフに降りてエギングを開始。
ポイントをチェックしてみると、やはり南西の強風が吹いており、キャスト出来ない訳ではないが、方向を考えないと・・。
潮も小潮でほぼ干潮、てこずる事間違いなし。【ちょっと後悔】
1時間ぐらいしゃくってみても、やぱりダメと言うか、風で釣りに集中できない。
サーフはダメでも突堤でならと思い、歩いて突堤に向かった。
風の方向から考えて港にキャストすれば風裏に回れるのではと思ったが、かえってサーフでキャストするよりも状況は悪くワンキャストしただけで、場所を移動。
てくてくと元来た方向へ歩いて戻っていく途中、先ほどとは反対方向の外海に向かってキャストしていたエギンガーのロッドが曲がっており、もう1人がアシストすべくタモ入れをしているさいちゅうであった。
上がってきたのは、まあまあのアオリ。
「えっ まさかこんな暴風の中で釣れるなんて・・・。」
試しにキャストしてみると今までキャストしたポイントの中で最悪の状況。
エギの飛距離は出るものの、横から強風が吹いている為、ラインがU字形になってしまう。
ラインスラッグを取ろうとしても、エギが動いてしまうだけで、全くラインはU字のまま。
良く釣れたものだと感心したけど、自分には無理と諦め再度、サーフに戻ってキャストをし続けた。
既に4時を過ぎており、そろそろサーフもあちこちでアングラーが並び始めていた。
相変わらず風は吹いていたが、徐々に風向きが変り背後から風を受けるようになってきたので、気合を入れて頑張る事にした。
エギをキャスト・キャスト・キャスト、エギカラーをチェンジ・チェンジするが一向にあたりがこない。
ふと横を見ると隣りのエギンガーのロッドが曲がっている。
よく見るとイカではなく、根掛りした様子。
隣りに負けじと頑張り続けるが、それでもイカの反応は全くない。
そして、また暫くして隣りのエギンガーのロッドが曲がっていた。
今度も根掛りかと見てみると、どうやら今度は根掛りではない様子。
暫く様子を見ているとそれ程ロッドは曲がっていないが、なかなか獲物は上がって来ない。
やっと上がってきたと思ったら、獲物はイカではなくタコだった。
隣りのエギンガーにはタコが釣れたけど、他周りでは釣れている様子がない。
何だかんだ粘ってはみたものの、全く釣果はなく6時過に焼津を撤収する事にした。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : ゴーセンX ソルトウォーター 0.8号 14lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ


« EGIM○X | トップページ | ロスト1 »

烏賊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EGIM○X | トップページ | ロスト1 »