« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

ロスト1

4時に起床して、うだうどとした後にMM港へ出発。
到着キャスト開始が5時ちょっと前。
前々回にアタリのあった場所付近からバレンシアをセットしてキャスト開始。
ポイントには緩やかではあるけれど、北風が吹いており真横から風をうけるといった具合で、少々やり難さもあった。
広角にキャストしながらアタリを待つが、なかなかアタリは来ない。
暫くしてキャスト時にラインがガイドに引っ掛かるような振動を感じたので、ラインを見てみるとダマになっていた。
修復しようとしてみたが、時間が掛かりそうなので、あっさり諦めてラインを大きくカットしてシステムを組みなおした。
ラインを組みなおした後、ポイントを少しずつ左へ移動しつつキャストし続けたが、やはりアタリはこない。
エギもマーブルサクラダイ・エギ王Q SPAN SOANとチェンジしても一向にアタリは・・・。
ポイントも風の影響を受け難い北側に移動をしてあちこちキャストをしてしゃくっても状況は変らず。
そろそろ時間もなくなってきたところで、岸沿をトレースしようとして、ギリギリにキャストをしたところ、悪い事にラインが風に煽られて岸に引っ掛かってしまったので、ロッドを煽ってラインを外そうとしたが、面倒なので岸沿いを歩きながら回収してエギを上げようとするとエギががっちりと側壁の奥にへばり付いて外れない。
何度かラインを弾いてみてもダメ、あらゆる角度からロッドを煽ってみてもダメ、直接ロッドの先端でエギを押そうとしても・・。
どうにもこうにも外れないので、諦めてドラグロックで引っ張り抜き、あえなくエギ王Q SOANロストしたところで、タイムアップでMM港から撤収 (-_-;)。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : ゴーセンX ソルトウォーター 0.8号 14lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月29日 (火)

午後から焼津へ

今朝は徹夜の疲れが祟って起床したのが6時過ぎ。
今日は車の1年点検があり、時間もあまりないので、午前中は外出を控える事にして午後から焼津に向かう事にした。
焼津には午後2時頃からサーフに降りてエギングを開始。
ポイントをチェックしてみると、やはり南西の強風が吹いており、キャスト出来ない訳ではないが、方向を考えないと・・。
潮も小潮でほぼ干潮、てこずる事間違いなし。【ちょっと後悔】
1時間ぐらいしゃくってみても、やぱりダメと言うか、風で釣りに集中できない。
サーフはダメでも突堤でならと思い、歩いて突堤に向かった。
風の方向から考えて港にキャストすれば風裏に回れるのではと思ったが、かえってサーフでキャストするよりも状況は悪くワンキャストしただけで、場所を移動。
てくてくと元来た方向へ歩いて戻っていく途中、先ほどとは反対方向の外海に向かってキャストしていたエギンガーのロッドが曲がっており、もう1人がアシストすべくタモ入れをしているさいちゅうであった。
上がってきたのは、まあまあのアオリ。
「えっ まさかこんな暴風の中で釣れるなんて・・・。」
試しにキャストしてみると今までキャストしたポイントの中で最悪の状況。
エギの飛距離は出るものの、横から強風が吹いている為、ラインがU字形になってしまう。
ラインスラッグを取ろうとしても、エギが動いてしまうだけで、全くラインはU字のまま。
良く釣れたものだと感心したけど、自分には無理と諦め再度、サーフに戻ってキャストをし続けた。
既に4時を過ぎており、そろそろサーフもあちこちでアングラーが並び始めていた。
相変わらず風は吹いていたが、徐々に風向きが変り背後から風を受けるようになってきたので、気合を入れて頑張る事にした。
エギをキャスト・キャスト・キャスト、エギカラーをチェンジ・チェンジするが一向にあたりがこない。
ふと横を見ると隣りのエギンガーのロッドが曲がっている。
よく見るとイカではなく、根掛りした様子。
隣りに負けじと頑張り続けるが、それでもイカの反応は全くない。
そして、また暫くして隣りのエギンガーのロッドが曲がっていた。
今度も根掛りかと見てみると、どうやら今度は根掛りではない様子。
暫く様子を見ているとそれ程ロッドは曲がっていないが、なかなか獲物は上がって来ない。
やっと上がってきたと思ったら、獲物はイカではなくタコだった。
隣りのエギンガーにはタコが釣れたけど、他周りでは釣れている様子がない。
何だかんだ粘ってはみたものの、全く釣果はなく6時過に焼津を撤収する事にした。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : ゴーセンX ソルトウォーター 0.8号 14lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月28日 (月)

EGIM○X

朝5時ちょい前に家を出て車でMM港へ向かう。
今日は通常通り会社に出勤なのでそう遠くには行けないからだ。
MM港に到着しみると西風爆。
早速タックルの準備済ませ、土曜日に買ったEGIM○Xをエギに吹き付けをしてからキャスト。
EGIM○Xの効果を期待しながら、エギをしゃくる。
エギが飛ぶのは良いが、糸ふけが多すぎてラインが風に煽られ、結構やりづらい。
1投目、エギを回収してみるとロケッティアのブースターフロートが外れていなかった【ショック】。
2投目、キャストして着水と同時に糸ふけを取り、着底をしてからしゃくりにはいった。
エギ回収特に異常なし。
その後も何度かキャストをしてみるが、EGIM○Xの効果は確認が出来なかった。
カラーが良くないのかも・・・と言うことで先日アタリがあったバレンシアにチェンジ。
バレンシアにも念の為、EGIM○Xを吹き付けてからエギをキャスト。
やはり何度キャストをしてもEGIM○Xの効果は確認できなかった。
今日イカはいないのかも・・・と不安に思う。
またEGIM○Xを吹き付けていないエギでやっても同じで、全くかすりもしなかった。
やはり今日はイカがいないのだ・・・そう言う事にしておこう・・、その方が都合が良い。
何だかんだやっているうちに、時間も差し迫ってきたのでMM港から撤収する準備をしながらEGIM○Xが付いた指の臭いを嗅いでみると、とんでもない臭い。
鼻が曲がるとかそんなレベルではなく、マジに吐き気をもよおす様な臭いで頭がふらふらして来てしまった。
EGIM○Xの臭いが体に付いてしまうと、公共の場には本当に行けなくなってしまいますので、くれぐれも使用する時には注意をして下さい。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : ゴーセンX ソルトウォーター 0.8号 14lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (3)

2008年4月27日 (日)

焼津に行けず

今日は焼津にエギングに行くはずが、「子供の部活で車を7時30分から使う予定」との事なので、焼津を諦めてMM港に変更。
更に悪い事にMM港へも寝坊をしてしまい、行けず仕舞いでテンションダウン。
暫く家でだらだらとしていたが、気分を替えて(?)7時20分にポイントABに向かう事にした。
到着時間は8時近くだったが、それでもアングラーは10人近くいた。
入るポイントを探しながら河口の方へ向かう事にした。
取り敢えず入るポイントを確保して、コンディションをチェック。
潮は結構澄んでおり、雨の影響はそれ程あるようには見えなかった。
取り敢えずヨレヨレをセットしてキャストをしてチェック。
キャスト→着水→着底を待っているとなかなか着底しない。
潮と増水した川の水の影響でラインは相当東側へ流されてしまい、リトリーブしていても更にルアーが東へ流されてしまう。
やり辛いコンディションである。
ヨレヨレからもう少し重いワームにチェンジして再度チェック。
ヨレヨレ程ではないにしろ、やはり流されてしまう。
そして河口に近付けば近付く程、流れの強さが増して更にゴミが多くラインやフックに絡んでくる。
当然コンディションは良くない。
ある程度河口付近をチェックした後、河口付近から逆方向にランガンをする事にした。
ワーム・ヘビーサーファー・VIBE 80・ヨレヨレ・CHASE BW・魚道110MDすべて反応はなく撃沈。
一度波打ち際付近でガツンという手応えがあったが、上がってきたのはこぶし程の大きな石がフックに引っ掛かってきただけ。
後は、ラインがガイドに絡んで、ワームをパッチンしてしまったのが1回。
10時過ぎまで粘るも今度は南からの向かい風でルアーが飛ばなくなってしまい、遭えなく撃沈でABから撤収する事にした。
何とも冴えない土日の休日であった。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : ゴーセンX ソルトウォーター 1.2号 20lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月25日 (金)

ちょっとの心算が・・

何とか今朝の失敗の憂さを晴らそうと思い、急いで出張から戻って来て、取り敢えずHMWへGO。
このポイントを選んだ理由はこの時間からでは遠くへ行けないから、ただそれだけ。
そそくさとタックルをまとめ、自転車にのってHMWに向かう。
しかし、到着してタックルの準備をしルアーを付けようとしたら、ゲームベストに入っているはずのスナップスイーベルが入っていない。
今朝エギングをした時のバッグから移し変えていなかった事を思い出す・・・(-_-;)ショック。
仕方なく昨日買ったばかりのヨレヨレををラインに直結して浜へ向かった。
更に悪い事に向かい風が尋常ではなく、海は荒れおり波打ち際の波足が長い。
こんな状況ではとても釣りは出来ないかと思いながらも、今朝の様に何もせずに帰る訳には・・・、「ちょっとだけやってみよう」と言う事にして浜に降りてみた。
案の定キャストしてもルアーが全く飛んでくれない。
ラインは出て行くが、ルアーが風で押し戻されてしまい、普段の1/3か1/4ぐらいしか飛ばない。
波打ち際をほんのちょっと超えるだけ(T_T)。
何度やっても飛ばない。
普通なら諦めて帰るところだけど、何故か今日は諦めが悪るかった。
「これでもか! これでもか!」とキャストを続けた。
ラインにゴミが絡むし、ラインスラッグが波と風に揉まれた所為なのか、ラインに瘤ができてしまうしで・・・。
さらに悪い事に昨日買って初めて使うヨレヨレの塗装が半分近く取れてしまい最悪です(涙)。
やはり無理をするとこんな事になってしまうと言う典型なのか?
さっさと諦めて帰ってしまえば良かったのに、往生際が悪かった為に・・・。
結局1時間も釣りをする事なくHMWから撤収でした。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R88
リール : 07ステラ 4000S
ライン : ゴーセンX ソルトウォーター 1.2号 20lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

HMW→MM港

25日は東京へ出張。
と言う事で、早起きをしていつもより早めにポイントに出撃。
しかし、出撃する時点になっても、まだヒラメで行くのか、それともイカで行くのか決心がつかない。
結局、ヒラメ狙いでHMWに向かう事にした。
ポイント到着4時過ぎ、到着早々浜の方より、嫌な音がしていた。
波が浜に打ち寄せる音"ゴ~ゴ~"。
念の為に、浜を覗いてみると・・・「コレリャ~無理」と判断をして何もせずに4時10分過ぎHMWを撤収。
まだ時間はあるので、一旦家に戻りイカ狙いのタックルの準備をし、車に乗って4時30分にMM港へ向かった。
浜はダメでも港内なら出来るのではと望みを懐きながらの出撃。
到着してチェックをしてみると予想通り問題はなさそうであった。
地面には前回来た時にはなかった墨跡があったのでその付近からキャストを開始した。
開始時刻は4時50分。
釣り人餌釣り師が1人。
その後続々と常連と思われる釣り師が集まってきて一つのグループを形成していた。
エギングをやっているのは自分唯1人。
墨跡のあった所で、キャストを続けてもアタリはなく場所を何度か移動してキャストを続けた。
エギもバレンシアに替えて数投。
しゃくった後にずる引きでリトリーブをしている時に、グッググッとアタリがありリールのドラグがジッジッジと音がしてラインが出て行く。
「来た!! イカだ・・・。」
スプールを指で押さえてラインが出て行くのを抑え、あわせを入れリトリーブするが、バレてしまいカンナにフッキングする事が出来なかった。
( >Д<;)クッ クヤシイー。
その後、粘ってはみるものの全くアタリがなく、バレてしまった事が本当に悔いても悔いても悔やまれず、残念ながらタイムアップで6時10分MM港を撤収しました。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : ゴーセンX ソルトウォーター 0.8号 14lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月23日 (水)

中途半端

目覚し設定時間よりも早い4時前に起床。
もっとゆっくりと寝ていたいけど、寝過ごしてしまうのが怖いので、仕方なく布団から出ることにした。
OYに到着してキャスト開始が4時40分。
久し振りに来たOYはまだほんのりと薄暗かった。
しかし、そこには既に1人のアングラがいてキャストをしていた。
こんな早い時間に・・・。
取り敢えず、一番端のテトラとテトラの間に入りワームを10投位キャストしてみるが反応がないので、自転車に乗って場所を東に移動。
その後場所を転々としてキャストをするがはやり反応はない。
ポイントの選択を誤ったか? 河口付近にしとけば良かったのでは・・・と不安な気持ちがよぎったが仕方がない。
ワームからエギにチェンジして狙いを変えてみるても状況は変らず。
だからと言ってテトラの上には怖くて登る気もしないし・・・。
エギにしたりワームにしたりとどちらつかずの釣りをしている中、やる気のないリトリーブをしている時にワームにアタリがありロッドティップが吸い込まれる様にしなったが、その唯一のアタリもフッキング迄には至らなかった。
その後も状況は変らず、少々早かったけど6時40分にOYを撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R88
リール : 07ステラ 4000S
ライン : UNITIKA Silver Thread  1.2号 lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ >

| コメント (2)

2008年4月21日 (月)

月曜日の朝は辛いよ!!

今日は早起きでも、時間には未だ早く午前3時過ぎ。
このまま布団の中にいると、睡魔に襲われて負けてしまうのは目に見えていたので、カーペットの上でごろ寝を。
目覚しは4時10分にセットしてあるので、それまで横になりその時が来るのを待っていた。
そして、何処からか聞こえてくる微かな電子音、段々と薄れかけた意識が呼び戻されるようにして、目を覚ました。
4時20分頃に起床、でもヤッパリ眠い。
予め電源を入れてあったPCの前に座り、体が睡眠から覚めるのを待つ。
5時過ぎに家を出て、HMWに向かった。
昨日の状況からABはまだ底荒れしていると判断をして、ポイントをHMWにする事にした。
キャスト開始が5時10分過ぎ。
月曜日だからなのか、どうも幾分気分が優れない。
ワームをセットして、取り敢えず東のテトラから順に西に向かってランガンをする事に。
今日のコンディションは大潮で5時18分満潮、更に潮も澄んでおり昨日のABとは大違い。
風も背後からの微風で、キャストをするには絶好のコンディション。
体調が好調で、釣果があれば・・・。
ワームで底を中心にL&F、ミノーで只巻き、L&F、色々と試しても反応はない。
6時20分頃から「何時帰ろうか!」と頭の片隅で考えるようになり、6時45分にちょっと早いけど、連れそうにもないと判断をして体調も良くないので、HMWから退却です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : UNITIKA Silver Thread  1.2号 lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月20日 (日)

ABからHMWへ

今日は午後からの出動。
14時30分頃、自転車に乗り家を出発。
向かう先はAB。
昨日に引き続きの釣行。
しかし、今日のABは昨日よりも潮が濁っており、更にゴミの量が半端な多さではなかった。
河口からちょっと離れた所で濁りはあるが、河口付近ほどではない所からのスタート。
濁りは少なくても、底付近にはゴミが多くワームのフックに枯葉や植物の根っ子が絡みとてもヒラメがいるとは思えないような状況であった。
それでも折角来たのだから、河口付近へ向かってランガンを敢行。
風も西風が吹いており、南向きの河口ではラインが風によって膨らみ、ルアーも思うようには飛んでくれなかった。
「西風なら焼津に行けば良かったかも・・・、でも今からでは・・・」と考えても仕方がなく、ラインに絡むゴミとフックに絡むゴミと格闘をし続けていた。
格闘し続ける事1時間ちょっと、我慢しきれずにABから退却してHMWへ向かう事にした。
こちらは濁りもゴミもほとんどなく西風以外は快調にキャストをする事が出来た。
快調と言っても、全くアタリはない。
只ひたすらキャストを続ける事に専念。
底を取ってリフト&フォール、只巻き、ルアーをミノー、ワームとチェンジして試してみるけど、・・・。
周りにアングラーはいるけど、釣れているのか、いないのか。
日も暮れ始めきた18時30分過ぎまで、粘ったけど今日は何の釣果もなく撤収です。
PS : 一度リトリーブ中にロッドに負荷が掛かり、「魚か?」と思うような手応えがあったけど、ただ思いだけで生命反応が・・・。
で、その正体はスーパーのレジ袋 (-_-;)

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : UNITIKA Silver Thread  1.2号 lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月19日 (土)

焼津で撃沈

午後から焼津方面に出動。
焼津と言えば、ターゲットはイカです。
とは言っても、昨日迄の雨で濁りがあるのではないかと、多少心配をしながらの出動。
到着して、ポイントの確認をするとやはり濁りが・・・。
とは言え、他にもエギンガーが数人いて、エギングをやっていたので、取り敢えずはエギをキャストしてみる事にした。
しかし、濁りよりも南からの風の影響の方が厳しく、どちらにしても我慢を強いられる状況に変りはなかった。
そんな状況でありながら、かなりの時間サーフでエギをキャストし続けたが、全くのイカの反応がないので、ポイントを防波堤に移す事にした。
防波堤でも南風は相変わらず吹き続けており、返って周りよりも高い場所にある為に障害物が少なく風の影響を受け易かった。
取り敢えずは風の影響の少ない北向きの航路に向けてキャストをしていたが、それでも若干ラインが横に膨らんでしまいがちで、エギをしゃくっても手にはその重みを感じ取る事が出来難かった。
そんな中ででも、自分の隣りにいる親子連れのエギンガーがコウイカをゲットしていたので、そろそろ帰ろうかと思いつつも、場所を代えて、もう暫く粘ってしゃくってみる事にした。
場所を代えエギも色々と交換してもイカの反応はなく、何時帰ろうか思案をしながらエギをしゃくっていた時に、またもやラインブレイク発生。
これで3度目。
しゃくっただけでラインが切れるなんて・・・(-_-;)。
早々にラインを交換したいが、ラインを買うお金がない。
つきもないし、ちょうど潮時と諦めて、焼津から撤収です。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : エギング スーパーPEⅡ 0.8号 10lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

雨の爪痕

雨上がりの土曜日、昨日までの雨の影響で釣りをするには不向きなコンディションであろうと思い、期待もせず偵察にポイントABに向かった。
AB迄向かう道すがら、海を見てみると意外と濁りが少ないのには驚いた。
ABに到着して海を見てみると、さすがに川からの土砂の為に濁りはあるが、思いのほか濁りは少く感じた。
ただ河口になるとやはりコーヒー牛乳のような色をしており、とても釣りをするには厳しいコンディションであった。
波はと言うと比較的穏やかではあったが、うねりが残っており、下げ潮半分であるにもかかわらず潮位は高く押し寄せる波の影響が残っていた。
そんな事もあってか、浜には誰一人としてアングラーの姿は存在せず、たった一人の偵察釣行となってしまった。
誰一人としていない浜でする偵察釣行はやはり何となく心寂しいもので、更に釣果がないとなると尚更である。
取り敢えず、昨日までの雨の爪痕を確認しただけで、偵察釣行を終えてABをとっとと撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R88
リール : 07ステラ 4000S
ライン : UNITIKA Silver Thread  1.2号 lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月17日 (木)

釣ってませんよ

Photo

Photo_2 天気予報では今日からまた雨との事で、雨の降る前に何とか釣行をしておきたいと言う意思の元ポイントABに向かう。
そして、ここ最近似ない早い時間の5時15分より釣行開始。
ミノーからキャストしようかと悩んではみたものの、今日はワームを選択してキャストを開始した。
釣行開始早々なにやら波打ち際で蠢くもの、何だか大きい魚の様なものがニョロニョロトと動いていた。
「シーバスが打ち上げられたか?」と思いきや・・・。
何と1m以上はあろうかと思われるような"ミズウオ"が口を大きく開けてのた打ち回っている。
体をグルグルと回転させながら、波に翻弄されるように波打ち際を行ったり来たり。
ベイトを追いかけている内に深追いをし過ぎて、波に打ち上げられてしまったのか分からないが気持ち悪くて触る気にもなれない。
一応、記念写真を撮った後にキックをして海に帰って頂いたが、暫くは体力を消耗させてしまった為なのか波打ち際付近でうろうろとしていた。
こんな魚がいたのでは周りに魚はいないだろうと思い、場所を移動する事にした。
しかし、今日のポイントは昨日までの盛況振りとは打って変わって全く人がいない。
自分以外にあと一人がいるだけで、ほとんどサーフは貸し切り状態。
そのサーフをじっくりと攻めるが、全く反応はなし。
ミズウオがいたのだから、ベイトはいるはずなのに、全くルアーには無反応。
ルアーをワームからミノーにチェンジして河口寄りに移動をしキャストを重ねるがやはり反応はなし。
暫くしてトラブル発生。
またもやラインが切れてしまう事に。
キャストして着底後、ロッドを軽く煽ったところで、ほとんど抵抗なくラインブレイク。
PE 50m以上は切れてしまっただろうか?
この前と言い、今回も抵抗なくラインブレイク。
そろそろラインの寿命なのか切れ方があっけない。
ラインを組み直すのも煩わしく、それよりもラインの長さ短くなり過ぎでほとんど釣行は"無理だ"と判断をして6時ポイントAB撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R88
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月16日 (水)

水浴び

ポイントAB 5時35分着でキャスト開始が5時40分のはずが、早々に波を浴びでいきなりビショビショに ミズガキタ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`)━━━!!!
しかし、そんな事ではめげませんよ、この私は。
((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ 
そして、ビショビショになりながら釣行を開始です。
ポイントは先日ソゲピー君とイッシー君を釣った場所付近。
何から投げようかな~!! なんて既にヘビーサーファーセット済みです。
キャストしているところに偶然にも師匠からお声が掛かった。
やばい、水浴びしたところを見られたか・・・((((;゚Д゚)))
少々お話したところで、お互いに左右に分かれてキャスト再開。
ヘビーサーファーに反応がないので、ワームにチェンジをしてキャストを再開。
じわじわと西へ向かいながらねちっこく攻めるも今日は反応なし。
今度は東へ戻りながら攻めるもやはり反応がない。
6時を過ぎて暫くしたところで、ワームを諦め再度ミノーにチェンジ。
これまた状況は変らずスカばかり。
今日はダメかと諦めて帰ろうとした思い始めた頃、西にいたアングラーが手にレジ袋を持って帰っていく姿を発見。
中身はヒラメでシルエットが見えた。
「やはりヒラメいたんだ!! もう少し西に行っていればもしかして・・」
今日も昨日に続きヒラメに縁がなかったんだと言う事で、6時30分にABを撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月15日 (火)

HMW釣行

このところ早くに目を覚ます事ができても、なぜか2度寝・3度寝をしてしまい、結局布団から出るのが遅くなってしまい5時20分に。
そう言う訳でポイントABに行くには遅い為にHMWにて釣行。
釣行開始は更に遅なりく6時過ぎ。
取り敢えずは魚道110MDよりキャスト開始。
コンディションは干潮3時間前で、無風、潮は濁っていた。
既にポイントには4・5人の先行者がおり、自分はテトラよりかなり西からのスタートする事になったしまった。
魚道110Mコットンキャンディ・イワシで探るがミノーには反応なし。
続いてワームにチェンジして攻め方を変更。
変更してから暫くすると、海面がベイトで騒がしくなっている所を発見。
急いで再度ミノーに変更してキャストするも全く反応はなし。
その後も所々で同じようにベイトの反応があるが、ルアーには全く以って反応なし。
賑わいを見せているHMWだが、ヒラメは年明けてからはソゲの1枚しか釣っておらずやはりAB迄行かないとダメなのではと思い、明日から早起きをしてABに向かう事を心に誓って【?】7時にHMWを撤収・・・。
ところが、釣れていないと思っていたHMWで、帰り際60cm近くのヒラメを釣った人を発見。
話を聞いてみると5時30分頃に釣ったとの事で、やっぱりHMWにもヒラメがいる事を確認。
明日からまた如何しようかと悩みながら撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月14日 (月)

ソゲピー君にイッシー君

03Photoここだけの話、今日は体調が悪かったんですょ。
ですから、ちょっと訳ありって言う事で・・・【何の事か分からないと思いますけどm(__)m】
午後から外の空気を吸いにポイントABに出掛けてきたんですょ。
ただ空気を吸いに行った訳ではないんですけどね。
だいたいの事は察しが付くと思いますけど、つまりバッチリタックルの準備をして出掛けてきました。
ダメとは分かっていても、やはり何となくロッドを振り振りしたかったもので・・・。
そしたら、そう言う時に限って釣れるんですね。
体調が悪くて会社を休んでしまったのに、こんなときに限って釣れるなんて、タイミングが悪いというか・・・。
でも、やっとヒラメが釣れたかと思い計測をしてみると36cm。
キープしてたんですけど、ストリンガーに付けて釣りをするには邪魔くさかったので、リリースしてしました。
あと、外道でイシモチ君、42cm。
これも、やっぱりリリースしました。
イシモチ君が36cmでソゲピー君が42cmだったら良かったのに~(`・ω・´)!
その後、当然ながら家に帰って「お父さん本当に病気なの?」と言われてしまいました。
昼過ぎまでは、本当に調子が悪かったんですけど・・・。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 3. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.
イシモチ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

ボヤキ

天気予報どおり、今日は雨。
分かっちゃいても、早起きをして雨である事を確認。
まいったね~!! こんな週始まりなんて、今週は嫌な週になりそうな気配。
カネないから、タックルもかえないし・・・。
それどころか次の小遣いまでカネが持つのか、それさえもおぼつかない。
なんか釣りビンボ~な日々を過ごしてるな~。

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (1)

2008年4月13日 (日)

またもやライントブレイク・・・

5時40分頃に家を出て一週間ぶりのABへ自転車で海岸線沿いの自転車道を釣り人の数を確認しながら向かう。
16人の釣り人、そのうち餌釣り師が4人で、そしてABには自分を含めて13人。
可也の釣り人の数で賑わっている。
コンディションは東寄りの微風で、潮は結構濁っていた。
タックルの準備を終えて、サスケ裂波キスをセットしてキャスト開始が6時ジャスト。
10投位して反応がないので、魚道110MDアカキンにチェンジ。
しかし、僅か数投でラインブレイク発生。
キャストしてリトリーブ、途中ストップをしトゥイッチを入れた瞬間、全く抵抗がなくなってしまった。
「エッ! スナップのフックでも閉め忘れたのか?」と思うくらい呆気なかった。
ライン回収してラインを確認してみるとリーダーとPEの接合部ではなく、それよりも30~40m位手前で切れていた。
「何で?」根ずれであれば何らかの抵抗があるはずなのに・・・。
「歯の鋭い魚にラインを切られたのか?」
「それとも、最初からラインが切れかかっていたのか?」
ここ最近はラインに関わるトラブルが多く、へこむ事がしばしば。
と言うことで、ラインを組み直し復帰するが、魚道110MDアカキンロストとラインが短くなってしまった事が悔やまれてしまう。
ハードルアーからワームにチェンジして今度は底中心に探ってくるが、今度はゴミの攻撃にあいフックに絡むゴミに四苦八苦してしまう始末。
やはり、これまでの雨の為にだいぶ底が荒れている様子。
周りを見渡しても釣れている様子は伺えないし、7時にもなっていないのに、どんどんとアングラーが姿を消していく。
7時には自分を含めて2人だけになってしまい、風向きも南よりの風に変ってきてキャストし難くなってしまったので、7時過ぎにABを撤収する事にしました。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月12日 (土)

初アオリ

Photo 朝目が覚めると6時を過ぎておりまたもや寝坊を。
更に頭痛か・・・(゚д`*;)。
いつもの鈍痛の頭痛とは違い、キンキンと刺すような痛みが・・・。
しかも悪い事に常備薬であるリングルアイビーを切らしてしまって、とても釣りに行ける状態ではない。
救急箱の中をゴソゴソとあさっていると、寝ている嫁が「エキセドリンならあるよ!」と声が掛かったので、気休めに飲んでみると即効で薬が効いて頭痛が緩和された。
しかし、頭痛が治ったと言っても、既に時間は7時過ぎでとても釣りに行くには遅い時間。
今日は諦めるしかないかと悶々としながらPCの前に座っていても、やはりどうしても諦めが付かない。
嫁が朝食を作るのが遅いのにも段々と腹立たしくなってくる。
どうにもならないジレンマに苛まれながらやり過す時間にいたたまれなくなり、釣りに行く事を決意【たいした決意ではない】。
この時間からヒラメを狙うには無理があるので、エ○ングをするために焼津方面へ行く事にした。
焼津までは車で30分~40分の道程。
150号線のトンネルはどうしても好きになれないので、大崩を抜ける道を選んで西に向かった。
逸る気持ちを抑えきれず急いで向かうが、運の悪い事に2台前を走る車がチンタラチンタラと走っており思うように走らせてくれない。
追越をしようにも片側一車線の追い越し禁止で、しかも曲がりくねった道、段々と苛立ちを感じてくるが、ジタバタしても仕方がない。
抜ける所まで我慢して、その時が来たら一気に抜くしかない。
てこずりながらも遅い車をパスして、15分後にポイントに到着。
到着してみると、駐車場には普段よりも車の台数が、多く停まっていた。
何かイライラしているけど、イライラしている方が釣果があるかもしれないと都合の良い様に考えるようにした。
車を降りてタックルの準備をして急いでポイントに向かう。
前回の事もあり、ラインは家を出る前に新たに組み直してあり準備は万端。
階段を登り真っ直ぐ浜に向かって歩いていく。
少々風が気になるが、大した風ではない。
一発目のキャストは、ヘボヘボのキャストだったので、直ぐに回収し仕切りなおして再キャスト。
まずまずの飛距離だが、何の反応もなくエ○無事回収。
そして、3投目のキャスト→着底【暫く放置】→シャクル【何もなし】→着底【暫く放置】→シャクル→強い引きで、ドラグがジリジリと音がしてラインが引っ張られる。
「これがイ○の引きなのか!!」と一瞬疑ったが、ドラグの摘みを締め込みながらリーリング開始。
思っていた以上に強い引きにビックリはしたものの、段々こちらの方に寄せて来る事ができた。
釣り上げるまでは油断ならない。
こちらの方に寄ってくると、何だか茶色い色した物が浮かび上がりながらこちらへ寄ってくる。
「えっ、まさかゴミ?」かと思ったが、近付くに釣れて菊の御門の様な口がこっちに向いているのが見えたので、ここでイ○である事を確認する事ができた。
無事にランディングを済ませまじまじとイ○を見てみた。
これが、待ち焦がれたアオリイ○なんだと思うと嬉しくて堪らなくなって来た。
携帯写真を撮ろうとするが、手が震えてなかなか写真が取れない。
やっと撮る事が出来て、エギ爺さんに写メを送信【未送信で一時間後に再送】。
デジカメでも写真を撮って初のアオリイ○ゲットの記念写真。
やはりイライラしていた方が釣果が出るようだ。
アオリが釣れたところで、帰ろうかと思ったけど、未だ3投しかしていないので、もう少しエ○ングを堪能してみる事にした。
その後はやはりそう簡単に続けて釣れる事はなく全く反応なし。
収穫は先行者が失くしたと思われるエ○がラインと共にエ○のカンナに絡んできて回収。
昨日に続きまたエ○ゲット! (^・^)
しかし、今度は逆に自分のエ○をロスト。
またもや、前回と同様にしゃくっている時に、ラインブレイク。
「一体どうなっているんであろう?」今使っているライン弱過ぎ!!
根掛りもしていないのにしゃくっただけで・・・(-_-;)
=====================中略========================
3時過ぎに焼津プチ遠征終了撤収です。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : エギング スーパーPEⅡ 0.8号 10lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1. アオリ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月11日 (金)

早帰りをして

仕事を早帰りをして、夕方の釣行へ出発。
早帰りとはいっても、会社を出たのが午後6時10分。
それから家に帰り支度をしてHMW到着が6時30分を過ぎた頃だったような・・・。
タックルの準備を早々に整えて海へ出てみると、今朝に引き続きまたもや海は荒れている。
仕事で焼津方面へ行った時の海は特に荒れた様子もなく充分に釣りが出来るようなコンディションであったのに、地元の海は水深が浅い為なのか今朝と変わりなく想定外の波に悩まされるようなコンディション。
取り敢えず最近愛用のヨレヨレからキャスト開始3投目にショックな出来事がΣ(゚д゚lll)ガーン
暗くなり始めた頃で、ラインがティップに絡んでいたのかキャストと同時にパッチンと行ってしまいヨレヨレをロスト。
最近キャスティングのスタイルを変えてしまった為、以前ならラインが切れずに飛距離が出ずに15mぐらいしか飛んでいかなかったのに。
それまではゆったりとした大きなフォームで遠心力で飛ばしていたを、フォームをコンパクトにしてスイングスピードを早くするようにした為にラインに掛かる負荷が大きくなりその負荷に耐えられずにラインが切れてしまったのだと推測。
折角早帰りをして釣りに来たのに、ラインシステムを組み直し復帰した時には、すっかりと周囲は暗くなってしまった。
暗くなったところで、ターゲットをシーバスにチェンジすれば良いんだけど、シーバス用のルアーを忘れて来てしまった為、それも叶わない。
暫くは、誤魔化しながら粘ってはみたものの、暗い中段々と上げ潮になりつつある状況で想定外の大波に対処するにはちょっとキツイくなってしまうので、早々に退散をする事に。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

想定外の波

心配していた雨も何とか止み、ちょっと遅めの出動。
場所ははHMWで、到着してみると、そこには誰もいなかった。
そのはずである・・・今までの雨の為に濁りが酷くおまけに波足も。
この分では明日も釣りをするには厳しいコンディションになりそうだ。
取り敢えず2日間ロッドを振っていなかったので、ルアーをセットしてキャスト開始。
ただ波足の影響も考えて、普段よりも10mぐらい後ろへ下がってのキャスト。
そして、たまに波が引いた時に、その間隙を縫って前に出てキャストするといった具合で、変則的で落ち着きのない波に翻弄されるような釣りしか出来なかった。
更にこれまた、いつ来るか分からない想定外の大波が来た時には足を高く上げて走って逃げる【メタボ対策には良いかも?】という事を何度か繰り返した。
それでも、出来るだけ波の影響の少ないポイントを歩きながら探して釣りを継続。
ポイントを探している途中に根掛りしたエ○が打ち上げられており、複雑にラインやら木の根っこ絡んだ色んなものを取り除いてエ○をゲットしちゃいました(-_-;)。
しかし、やはり悪コンディションの中で、ロッドを振る以外には何も得るものもなく7時過ぎ3日ぶりの釣りを終えてHMWを撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R88
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

うへへへへ~

今日は朝から雨だったので、残念ながら【?】釣行は出来ませんでした。
と言う事で、「今日釣りはなしかな?」と思いつつも午後からは雨もあがり晴れになってきたので、「仕事を早く終わらせて釣りに行こうか!」と決意をし必死こいて仕事をするけど、こう言う時に限って急ぎの仕事が入ってしまい、結局19時に退社。
「やっぱ今日は釣り止めとくか!」と半ば諦めモードになってしまったけど、何とか奮起して20時30分、お母ちゃんに「ちょっと出掛けてくる」と一言残して釣りにGO!
本当はHMWかABで釣りをしたかったんだけど、今の時間からウェーダーをはいてやる気にもなれず、「釣れなくても良いから手軽に釣りが出来るポイントで釣りをしたい!」と言う思いでMM港へ向かう事にした。
この時間だとターゲットはシーバス。
漁港と言うこともあって、久々にレガーロR-88を持っての釣行です。
まずは漁港に流れ込んでいる港の入り口からスタート。
何投かキャストをするが、雨の所為でゴミが流れ込んでおりフックに大きな木の枝が掛かってしまったので、早々に移動を。
今度は漁港の航路でキャストを開始。
しかし、投げたいポイントには既に先行者がいたので、その先行者の邪魔にならないようにポイントを選んでのキャストとなったしまった。
「ま~ でも今日はロッドを振れればいいか」なんて考えていた部分が大半だったので、差ほど気にせずにキャストを続ける事ができた。
大凡2時間近くキャスト。
結果的にはいつもの様にアタリもなく"坊主"だったけど、ロッドを振る事も出来たし、明日の釣行に備えて気分良くMM港を撤収してきました。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R88
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

遠いABを避けてHMWで

4時30分起床したにも拘わらず、到着してキャストしたのが5時35分。
また、月曜日を迎えてしまい気分がすぐれないからなのか。
しかも軽い頭痛がして・・・(^_-)-☆。
ポイントも遠いABを敬遠してHMWにて釣行をする事に。
ポイントに着いてみると既に先行者が3人いて、テトラ周りをキャストして攻めている。
という訳で、自分はそれよりも西からランガンをする事にした。
今日もヨレヨレをセットしてもフルキャスト開始。
何か変化でもないかと、海の様子を確認しながら左右にキャストを繰り返す。
暫くはいつもと変わりない様子が続くが、ランガンをしているうちに変化を発見。
シーバスと思われる魚体が海面から背びれを出してゆっくり泳いでいる。
弱っているようにも見える。
ターゲットはヒラメだけど、目の前を泳いでいるシーバスを見過ごす事もできず、シーバスの泳いでるポイントにルアーを通すようにしてキャストを連発。
しかし、全くルアーには無反応、そうこうしている内に目の前からシーバスはいなくなってしまった。
少しは気になるもののターゲットが違う事もあり、直ぐにまた砂もの狙いに戻る事にした。
ヨレヨレからワームにチェンジして、更に西へと移動をしながらランガンを。
何投かフルキャストをしているうちに痛恨のラインが・・・。
フルキャスト時の溜めにラインが耐えられなかったのか、パチッンとの音もせずに遥か彼方へ飛んでいってしまった。
ラインを組みなおして復帰して魚道110MDをキャストし始めると、また目の前をシーバスが背びれをだしてゆっくりと泳いでいるのに気付く。 
「また来たのかよ~」と思いながらも先程と同じようにキャストするも全くルアーには反応してくれない。
レンジが違うと言う事も考えられるので、ルアーを変えてトレースしてもはやり反応はしてくれないので、シーバスを諦めて、砂物狙いに戻ってランガンをするも結果を出す事ができず、7時過ぎHMWを撤収。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月 6日 (日)

4月6日日曜日

ここ数日疲れが溜まっている所為なのか今日の朝もなかなか起きる事が出来ず、6時過ぎに起床。
自転車に乗ってABに向かう途中走りながらHMWを横目で覗いてみると、暖かくなってきたからであろうか、餌釣り師の数が今までよりも相当多く浜に陣取っていた。
ポイントに到着し、タックルの準備を終えて、6時40分頃より釣行開始。
やはり、日曜日である事と出遅れた所為もあってポイントはアングラーでいっぱい。
なかにはもう変える準備をしている人がちらほらと。
何とか投げられそうな場所を見つけてキャスト開始する。
最初に投げるルアーを何にしようかと迷ってはみたものの、はやり今日もヨレヨレを選択。
選択する理由は単純にフルキャストしやすい事【飛距離】、リトリーブの速度と微妙に手に伝わってくる感覚が好きだから。
欲を言えば、もう少し比重が重くても良いような気がするが???
===================中略=====================
色んなルアーを使ってやってみるも、魚の反応はなく8時30分頃AB撤収。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

帰宅後10時30分頃より昼寝をし2時30分に起床。
起きてみると家には誰もいなかった。
そう言えば、娘は部活へ、息子と嫁は映画を観に行くと言ってたっけ。
遅い昼飯を取り、3時過ぎに今度は清水方面にエ○ング目的で車に乗って出動。
ポイントに到着して、風の具合を確認して、これなら釣りが出来るかな思いタックルの準備をしていると、今まで釣りをしていてこれから帰ろうとしている釣り師の人から「イ○かね?
今日は朝から釣りをやっていたけど、若い人が入れ替わり立ち代りイ○狙いでやって来たけど、一杯しかイ○釣れていなかったよ!」と声を掛けられた。
一杯だけなら、イ○はいないと言う事でイ○が釣れなくても、言い訳が出来る。
家を出る前にエギ爺さんにここへ出動する事を事前に連絡をして、様子次第ではエギ爺さんもこちらに来るとの事だったので、出来そうである事をメールで連絡。
取り敢えずサーフに降りて様子を見ながらキャスト開始。
この時点でエ○ングをしているのは自分ひとりだけ。 何となく孤独。
潮の流れは左から右、港から外へ向かっていた。
エ○をキャストして、着水してから着底するまでに15m位右に流されているような・・・。
暫くは同じポイントで腰を落ち着かせてシャクシャクやってみるも全く反応はなし。
正直シャクシャクするは苦手。 
エ○ングをする人間にとっては致命的ですが・・・(-_-;)。
暫くして、エギ爺さん到着。
軽く挨拶をして、エ○ング再開。
周りでもボチボチとエ○ンガー集まりだして、色んなところでシャクシャクが始まりました。
===================中略=====================
今日、恥かしながら、エ○を○個もロストしながら、全く釣果なし。
自分は6時30分過ぎに納竿して、エギ爺さんの横に付いておしゃべり&ひそかに釣りのスタイルを観察して熱い視線を送っておりました。
ひょっとして変な気配を感じたかもしれませんが、決してやましい事は考えておりませんので・・・。
その後、おしゃべりして、7時20分頃それぞれ家?に帰還と相成りました。
エギ爺さんお疲れ様でした。

使用タックル
ロッド : ヌーヴォ カラマレッティ GONCS 862MH
リール : セフィア BB 2500SDH
ライン : エギング スーパーPEⅡ 0.8号 10lb
リーダー : ダイワ タフロン 3号

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月 5日 (土)

AB爆風釣行

今日の朝の失敗を取り戻す為に午後からAB方面へ出撃。
午後2時30分頃に家を出ようとした時、丁度タイミング悪く愛妻が熱いお茶を入れてくれたので、飲まずに出るわけにも行かず、有難く頂戴し結局3時過ぎに家を出た。
ABに向かう途中強い西風が吹いており、「こりゃぁ ヤバイかも知れない・・・、でも、何とかなるだろう! 風が止むかも知れない」と言う根拠のない勝手な憶測をしてポイントへ向かった。
到着後、タックルの準備を整えてワームをキャストしてみると、案の定、ラインは西風で膨らむし、ルアーも流されてしまうという悪コンディション。
当然、自分以外には誰も釣り人はいない。
諦めて帰ろうかと考えたが、折角遠い道のりを自転車をこいで来たのだから、風も止む事もありえるので、もう少し粘ってみる事にした。
しかし、風は一向に止もうとする気配がない。
キャストをするにも、オーバーヘッドからのキャスティングでは糸ふけが大きすぎてラインが膨らみルアーも横へ流されてしまうので、スリークォーターからキャストをしてラインの糸ふけを最小限に食い止めるしか方法がない。
そんな状況下で、ランガンを続けるが、全くアタリがない。
河口に近付くにつれボラが海面をジャンプする姿があちこちで見られる様になるけど、自分のルアーには全く反応がない。
西風さえなければと思ってもこればっかりは、そう簡単に自分の思うようにはいかない。
結局、河口までたどり着いてからも全く反応がなく、そろそろ時間になって来たところで、Uターンをして元来た道を引き返しながらランガン。
6時30分過ぎにABから退却。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 7. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

根掛り一発

Photo AM3:OO 一度目が覚めるも「まだ、はえ~よな~!!」と言う事で、もう一度睡眠を・・・。
そして、今度目が覚めて時計を見るとAM6:30。
「ゲッ! 寝坊じゃん!!」何かよくあるパターンのような・・・(-_-;)
「どうしよう、これからポイントに行っても・・・」
「でも、折角の土曜日だし、この時間からだと釣れないだろうけど、行くしかないか~!!」
あまり乗気ではなかったけど、取り敢えずOYEに行ってみる事にした。
到着は更に遅くなって7時過ぎで、東の方角を見てみると沢山の漁船が漁をしており活気に満ち溢れている様子。
しかし、ポイントには先行者が一人テトラの上で釣りをしているだけ。
それを横目に一番奥のポイントに着いて、崩れ落ちているテトラの間に入ってキャスト開始。
セットしたルアーは最近お気に入りのヨレヨレ。
ロッドをテトラにぶつけない様に周りを気にしながらキャストを続けるが、反応はなし。
暫くして横に一つ移動してキャストを再開。
先ず東の方角へ斜めにキャストして、弧を描くようにして少しずつ西の方角へと放射状にキャストをして行く。
予想通り反応はなく、やはり今日出遅れた事が失敗の最大の原因で、今更ながらに寝坊した事悔やまれて仕方がない。
「なんでも良いから魚釣りたいな~!!」
「フグでも・・・」
余計な事を考えるものではない、キャストして波打ち際付近で軽く"グ・グ・グ"という感じの手応えが・・・(-_-;)
ヨレヨレのフックの先に不機嫌そうにふくれっ面をしたフグが・・・。
フグゲット!!  嬉しくありません。
その後ルアーをプロデジーSWにチェンジしてキャストするもはやり反応はなし。
ワームならどうだという事で、再度チェンジして様子を探ってみる。
何投目か、テトラの際を通過したところで、ガツン。
「ヤッチマッタ~!!」
根掛り・・・、ワームロスト。
ラインを組みなおそうとするも、リーダーがない。
先日の太刀釣行の時に、ラインをもう一つのバックに入れ替えてしまって、そのまま戻していない(-_-;)。
仕方がない。
根掛り一発終了という事で、8時チョイ前にOYEから撤収ポン。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 7. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

2008年4月 4日 (金)

はるのふうぶつし?

01 5時40分起床。
あ~ぁ、寝坊しちまったぜぇ~。
急げは、HMWでも釣行ができたんだけど、どうも体がだるいので今日は釣りをパスしちゃいました。
と言う事で、ブログの更新はなし・・・と思ってましたが、仕事の昼休み中に初めて見る光景にであったので、そちらのネタをアップしようと思います。
ネタと言うのはシラス漁の事ですが、タイトルでは春の風物詩となっていますが、シラスは年中獲れるようです。
でも春と秋のシラスが美味しいとの事で風物詩と言うタイトルにしましたm(__)m。
場所は大井川の隣りにあるとある漁港です。
外回りの昼休み中、スーパーで買ってきたパンを食べるのに、漁港に車を停めてパンを食べていると何だか漁港の中が賑やかだったので、パンを食べるのを止め車から降りて暫く港の中を観察していると、漁船が市場の前で停泊し、取ってきたばかりの魚【籠に入った状態で中は見えなかった】を大人数で急いで下ろして、コンベアの上に籠を乗せてそのまま市場の中に運び入れていた。
そして、魚を下ろした漁船は直ぐにUターンをしてまた海へ向かって漁に出て行く。 次から次へと漁港に入ってくる漁船も同じように獲ってきたばかりの魚を下ろしてはまた漁に出て行くので、不思議に思い市場の中に入って行き、関係者と思われる叔父さんに何の漁なのかを尋ねてみると"シラス漁"との事。
シラスは傷みが早く鮮度が落ちやすい為、時間を決めて集団で漁に出て、獲ったシラスを市場に下ろして、また直ぐシラスを獲りに行く事の繰り返しだと言っておりました。
そして、籠に入ったその獲ればかりのシラスの上に氷が撒かれ、業者と思われるトラックの荷台に乗せられて、これまた次から次へと何処かへ消えていく。
とても慌ただしい光景で、あっという間に人がいなくなってしまい、その後は後片付けをしている人達だけになってしまうという様な出来事でした。
しかし、シラスの量は半端な量ではなく、これだけ獲っても魚の数が減らないのかなあと感心してしまう位の量でした。
この光景を見てまた獲れたての新鮮なシラスを食べてみたいと久々に思っちゃいました。
一年近く生シラスを口にしていないもんな~。

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

AB釣行

ポイントABに到着してキャスト開始が5時30分。
既にポイントには大勢の先行者がいて、賑わいを呈している。
ヒラメが釣れるようになってきたのか・・・?
今日はちょっと西よりのポイントからのスタート。
最初はワームでスローのずる引きで、時々リフトをして感触を確かめる。
手応えなし、と言うか今日もラインとフックにゴミが絡む。
今度はちょい早目のリトリーブで時々リフト&フォール。
手応えなし・・・、スーパーの袋がラインに絡む。
暫くワームをキャストし続けるが、やはり手応えと言うか反応がないので、ミノーにチェンジして少しづつ西へランガン。
ランガンしようにも先行者いて、ランガンがやり難くく同じポイント周辺でのプチランガン。
6時を過ぎた頃、河口の方角からアングラがスーパーの袋を手に持ちこちらへ向かってきた。
どうやらヒラメを手にしているようだ。 
大きさまでは分からないが、結構なサイズにも見える。
自分も色々とルアーをチェンジして誘いを掛けても、どうしても自分のルアーには食いついて来ない。
周りを見ても釣れいてるのは先ほどのアングラーぐらいで、他にはどうも釣れていそうにもない。
そして、今日も時間が6時45分になったところで、タイムアップ終了でポイントABを撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

太刀狙い

師匠より電話があり、○○で太刀が釣れているらしいと言う事で、一緒に太刀釣行へ出かける事に。
太刀釣行の話は人伝に何度か聞いていても、自分自身は経験した事がない釣りだったので、師匠からの誘いに迷う事なく乗ることにしちゃいました。
実は今日体調不良で会社を早退しており、本来なら自宅で療養をしなければならないんだけど、帰宅後睡眠を取って休養した事で体調もだいぶ復調してきたので、釣りに出かける事にしました。
多少の後ろめたい気持ちはありつつも、そこは大人の判断と言う事にしておきました。
5時45分に師匠の車に同上してポイントへ向かい、到着時間が大凡6時20分頃。
時間が早かった所為なのか、先行者の餌釣り師が3名程。
何処で釣りをしようか迷ったけど、取り敢えず西側のポイントから師匠と並んでキャスト開始。
しかし、暫くすると横にいる餌釣り師の電気浮きが潮の流れに乗ってこちらのポイントまで流れてくるので、早々にポイントを移動。
ポイントを東側に移ってキャスト再開。
キャストをしてルアーが底に着くのを確認してからジャークを数回して巻き上げる。 
カウントダウン30秒~40秒ぐらいで着底・・・深いな~。
いつも釣りをしているポイントなんかでは、カウントダウンしても精々5秒も掛からないぐらいなのに。
時合いが来るのを待ちながら、ひたすらキャストを繰り返すがなかなかその時はこない。
何とか初釣行で初釣果を揚げたいと思いはあるけど、そう簡単には上手くはいかない。
いい加減キャストするのも飽きて来て今日はダメかと思い始めた頃に、ガツンという手応えがあり、やっと来たかと期待して揚げてみるとフックに石が・・・(-_-;)。
そして暫くしてまたリトリーブ中に先ほどより大きくガツンという手応えがあるも、またしてもやフックに石が・・・。
どうやら駆け上がり付近で石を引っ掛けてしまっている様子。
その後キャストを重ねポイントを変えてみても結局は師匠共々アタリもなく、周りでも釣れている様子はないので8時30分に納竿&撤収と相成りました。

使用タックル
ロッド : トリプルクロス TC-962LSJ
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ【←ソゲです】 * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

HMWでノーバイト

5時55分キャスト開始。
何日かぶりのHMW。
と言うのは、今朝は寝坊をしてしまい、ABに行くにはちょっと遅い時間であったので、ABをパスしてHMWでの釣行となってしまった。
先行者が1人テトラ付近にいたので、自分はもう少し西側からのスタートとなってしまった。
ここのところ、お気に入りのヨレヨレを選んで丁寧にスローリトリーブでヒラメに誘いを掛ける。
しかしと言うか、やはりと言うか反応はない。 
何度か数歩移動する事を繰り返しながら、同じように誘いを掛けるが、やはり手応えなし。
魚道110MD・130MDとルアーをローテーションしても状況は変らず、手応えはない。
ランガンをやめてキャストするポイントを色んな方向に投げてみたり、ルアーチェンジして誘い方を工夫をしてみても、やはり状況は変らず手応えなし。
このままずるずると時間が経過してしまい、7時になる前にHMWを撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ .

| コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

ゲッ・・・ウグイ

Photo_2 食事を終えて、7時半に家をを出発してABへ夜間釣行。
夜のABは初めてだけど、朝夕と通い慣れていたので、気軽に向かう事が出来た。
当たり前だけど、辺りは真っ暗で更に人一人いない状況。
寂しい~!! 誰か一人ぐらいいても良いのに・・・(ーー;)
取り敢えず、朝同様に東側から河口へ向かってランガン開始。
風は追い風の為、ルアーの飛距離も気持ち良いくらいに飛んでいく。
飛距離は伸びるけど、アタリはなし。
ルアーをチェンジしながらランガンをして、そして遂に河口まで来たけど、結局一度もアタリなくそろそろ撤収しようかと思い、ふと上流の方の様子を伺ってみると、あちこちでボイル音がしていた。
シーバスが釣れるかな微かな期待をこめて、撤収する前にちょっとだけキャストをしてみる事にした。
近くでボイル音があちこちでしているのに、今度は逆方向で向い風になってしまい、ルアーが全然飛んでくれないし、コントロールし難い。
なかなか思うように行かないので、ルアーを魚道ベビーサーファー・シーバスチューンに取り替えて再トライ。
夜目にも見え難い事もあるけど、風の影響は如何ともし難くルアーを土手にぶつけてしまう事が何度かあった。
なかなかアタリも出ず、諦めかけていた頃にやっとヒットして合わせを入れると、"ゴン"とフッキング。
初シーバスの引きを楽しめるのかと期待していたが、それ程抵抗もなく足元まで簡単に寄ってきて、そのままゴボウ抜き。
吊り上げてみると、体長大凡40cm位の魚体。
ライトを照らして見てみると・・・、シーバスじゃない。
鱗が小さくて体も丸く見た目がキモイ。
これってまさか"ウグイ" ?
ウグイは口が小さいと思ったけど、ルアーのフック丸呑みしてやがった。
中学生以来見ていないので、暫く悩んだけどヤッパリ"ウグイ"ぽっい。
釣って嬉しくない魚をまた釣ってしまい、テンションがかなりダウン。
更にルアーのリップが折れてしまっており、こんな状況で、このまま釣りを続ける気分にはなれず、9時過ぎにABを撤収する事に。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2. フグ * 6. ウグイ * 1.

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (2)

4月初日手応えなし!!

Photo 今日から4月で月替わりで、何とか良いスタートと行きたいところだが・・・。
朝5時にAB到着。
一番端のテトラより西に向けてランガン開始が5時5分。
最初はミノーBLUE OCEAN BKF-125 ミラーパールレインボーで様子見。
反応がないので、魚道130MDセグロにチェンジ。
やはり、反応なし。 
続いて魚道へピーサーファーコットンキャンディ・・・反応なし。
それじゃあ、土曜日にソゲがヒットしたヨレヨレ レインボーならどうだ?、と言う事でヨレヨレにチェンジしてトライ。
キャスト、キャスト、キャストするもやはり手応えがありません。
最後はワーム。
でも、結局ワームにも手応えなく、4月初日は残念ながら、釣果を得ることなく、ポイントABを6時45分に撤収です。

使用タックル
ロッド : フェルザス レガーロ FZ-R96
リール : 07ステラ 4000S
ライン : DURA AR-C 1.2号 14.2lb
リーダー : ダイワ タフロン 5号

08年釣果累計
ヒラメ * 2.
フグ * 6. 

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 爆釣速報サイトへ

| コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »